キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイク買取はどんな状態でも大丈夫? : バイク買取の秘訣

バイク買取はどんな状態でも大丈夫?

バイクが色んな状態の時でもバイク買取は可能かどうかについてです。動かないバイク、改造車、ローンが残っている場合についてまとめています。

バイク買取はどんな状態でも大丈夫?

バイク買取を依頼したいのだけれど、もう動かなくなっている、思い切りカスタムしてしまった、まだローンが残っている、というような状態で困っている人は多いのではないでしょうか。

これらの状態でもバイク買取は可能なのでしょうか。

【事故車、不動車は】

事故をしてしまって動かなくなってしまった、長い間乗らずに放置していたら動かなくなったというようなバイク買取は、以前はしてもらえませんでした。

しかし今は修理の技術もレベルアップし、かなりきれいに修理できるようになっています。

ですから査定額は下がりますが買取してもらえる可能性は高いです。

廃車にしてしまうのにもお金がかかりますので、まずは買取可能かどうか見てもらうことをおすすめします。

【カスタムバイクは】

バイクはカスタムして乗るという人は意外と多いです。

ディーラーではカスタムバイクは取り扱ってくれないのですが、買取業者によっては思わぬ高額で買取してくれるところがあります。

しかしきちんとカスタムされたものに限ります。

車検に通らないような改造は買取対象になりませんので注意してください。

【ローンが残っているけれど】

他の記事でも取り上げているのですが、バイクをローンで買って、まだ返済中でもバイクを売ることはできます。以前は、ローンを完済して所有権を自分のものにしなければ売却はできなかったのですが、今ではできるようになっています。

その際の手続きは買取業者が行ってくれますので安心して任せると良いでしょう。

どんな状態であっても、バイク買取は可能であると考えておいて良いようです。