キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 のぼりで客の減少はなくなりますか? : のぼりの注目情報!これだけは知っておきたい

のぼりで客の減少はなくなりますか?

のぼりの注目情報!これだけは知っておきたい

客の減少が続くのはニーズにあった魅力的な催事を開催していないから。布団は季節用品、少なくても年4回の催事を行ない、のぼりに反映させましょう。

新着おすすめ記事

のぼりで客の減少はなくなりますか?

客の減少が止まらない原因は、のぼりの有無ではなくて、魅力的なイベントを開催していないことにあります。

まず年4回の催事を企画してのぼりに反映させましょう。

◎客の減少を食い止めるのは、店の魅力的な施策による。

例えばあなたが昔ながらの商店街で布団店を経営していると仮定して考えてみましょう。

のぼりを立てただけで、布団店の客の減少を食い止められることが想像できますか?

のぼりはあくまでも集客のための宣伝物ですから、肝心なのは、客を入店させるための戦略、中身です。

布団店の店名が入ったのぼりを掲げ、そこに「いらっしゃいませ!」などと書き連ねても素通りされるだけです。

布団店として、客にどんな特典や便利、魅力をプレゼントするかが肝心です。

◎今どき“どこでも安く便利に買える布団”にどう対抗するか。

布団は今どき通販でも買えます。

大型スーパーに行けば安くて、ポイント還元が付いて、配送料無料の布団を買うこともできます。

少なくてもそれに匹敵するか、それ以上の策を考案して、客の関心を惹きつける必要があります。

のぼりは、そうした店のイベントや特典を知らせるためのもので、単なる看板ではありません。

◎「夏の涼しい布団祭り!」、「秋の寝具買い換えフェア!」、「大型店に負けない低価格のご愛顧セール」、そんなことでも客の入りは違ってきます。

単純な例ではありますが、布団は春夏秋冬に衣替えが必要な商品です。

のぼりの耐用期間は1シーズン3カ月なので、少なくても年4回はセールを打ち出して、商店街の客を固定客にしましょう。

お得意様の1年間囲い込み、そんなことを考えながらのぼりを作るのも楽しいものです。