バイク買取の流れについて(査定から契約まで)

バイク買取の流れで、査定から契約までをまとめています。

バイク買取の流れについて(査定から契約まで)

先ほどはバイク買取業者に査定の依頼をして査定当日までの流れをまとめましたが、ここでは査定から契約までの流れをまとめています。

バイクを買取してもらうのは、それほど複雑ではありません。

バイクの査定は、家や勤務先などバイクが置いてある場所まで業者に来てもらう出張査定と、自分が買取業者に持ち込む店頭査定があります。

店頭査定で買取が決まったら、帰りの足がないのでは?と思われるかもしれませんが、その場合はスタッフが最寄り駅や自宅まで送ってくれるそうです。

(ただし、お店によります。)査定は、査定士がバイクの外回りやエンジンなどを細かくチェックします。

だいたい30分以内で査定は終わり、金額の提示があります。

金額に納得すれば契約となりますが、商談で交渉することも可能です。

また、その日に決めなくても「考えさせてほしい」と保留しても良いのです。

査定額に納得し、契約、バイク引き渡しが終わると買取額が業者から支払われ、バイクの名義変更が行われます。

名義変更など面倒なことが多いなら買取はしたくないと思っている人もいるでしょう。

実はバイク買取業者の場合はすべて業者が代行してくれるところが多いので私たちは特に何もしなくて良いのです。

これは助かりますね。

買取額の支払いは、〇万円までなら現金支払い、それ以上は振込としている業者や、いくらであってもすべて振込としている業者など様々です。

契約後、1週間以内ですべての手続きを完了してくれる業者がほとんどですよ。